『お金があれば離婚したい』私は正直離婚をしたいのですが、離婚をするためにはお金が必要だと思います。





私は正直離婚をしたいのですが、離婚をするためにはお金が必要だと思います。そして、その必要なお金が今ありません。主人の転職が原因で、給料がとても少ない状況です。主人といえば、朝はのんびり出勤し、8時前には帰宅するという見ていてとてもお気楽な生活をしています。もう少し収入を増やしてほしいということを伝えましたが、お前が夜働けばいいじゃないかと言われてしまいました。ちなみに私はアルバイトをして、月10万円稼いでいます 。私自身も今以上に収入を増やしたいので、正社員の仕事を探しながら色々面接を受けているのですが、なかなか合格できません。主人のわがままに付き合わされている生活にほとほと疲れてしまいました。自分の貯金も、主人の転職期間の間の生活費や、国民年金などの支払いでほぼなくなってしまいました。ですので、へそくりをすることすら難しい状況です。住宅ローンもあります。今年の4月からは、子供が私立の高校に通うことになりましたので、学費もかかることになります。入学金を先に支払ってしまったので、手元にはお金がもうほとんどありません。現在は、主人の顔を見るのもすごく嫌な精神状態です。両親に相談したくても、両親が年金生活で高年齢のため相談することもできません。思いのままを書いてしまったので、支離滅裂な文章になっているかもしれませんが、何か良い方法があったら教えていただきたいと思いこちらに掲載させていただきました。皆さんのお考えを教えてください。どうぞよろしくお願いします。

回答1

今までの生活の二人の状況がよく分からないので、何とも言えないのが正直のところですが、あなたの精神状態が良くないことは明らかな事実です。もし私があなたの立場であるなら、今から計画的に物事を考えて離婚の道を選びます。もうそうしているかもしれませんが、さらに支払いを減らしていきましょう。保険屋やローンのことも考えてです。それでもお金が回らないのであれば、あなたが日中構わず働くしかないと思います。離婚するとしても、生活費は当然必要ですし、離婚しなくても貯金ができない状況はとても好ましいとは思えません。あなたが本気で離婚したいと考えであれば、自分のプライドを捨ててどんな仕事でもできるはずです。 私の場合ですが、相手には内緒にしてある程度お金を貯めて家を出てしまいました。少しずつでも貯金をしていてよかったなとかなりの回数思いました。お子さんがいるのであれば、なおのこと離婚後もお金はかかってきます。今は何をおいても計画的に離婚することではないでしょうか。感情に任せて今の状態で家を出たら本当に困ると思います。旦那さんには内緒にしておいて、自分の新しい生活のためにきちんと計画を立ててお金を貯めていけば精神もよくなってくるのではないでしょうか。心から応援をしていますので、どうぞ頑張ってください。ありきたりな内容になってしまったかもしれませんが、うまくいくといいですね。

回答2

旦那さんの顧問って転職することなんですかね。ある程度の我慢は仕方がないと思いますけど、そもそも旦那さんのお給料はどのくらいなのでしょうか。最低20万としても、あなたのをプラスすれば、合計で30万あるので子供さんの学費を支払ったとしても、楽勝で暮らしていけるような気がします。住宅ローンがいくらかが書かれてないので分かりませんが、例えば離婚した場合、母子手当が5万くらいですかね。あなたのパートのアルバイトの収入を合わせたとしても、生活は苦しいのは目に見えています。私は、自分一人で子育てをしてきましたが、子供が中学に入ると会社員の他に別のパートもしたりしていました。しかも朝早くからしていました。パートの手取りは8万円くらいありました。そして、本職の仕事もそれなりの給料がありました。子供二人を中学から私立の学校に通わせないといけなかったので、とても必死に働いたの覚えています。もちろんマ、ンションの住宅ローンもありました。要するに私はあなたのご主人様とあなたの収入よりは多く稼いでいました。このように言うと少しきついかもしれませんが、あなたの考えはとても甘いと思います。子供のことを思うと、そのくらいきちんと考えるべきだと思います。どうしてもお金がないのであれば、子供の学校を私学ではなく公立に行かせるしかありません 。いい加減旦那さんのせいにするのはやめて、あなたがパートを掛け持ちするくらいして頑張ることを考えてみてはどうですか。今も甘い考えだと離婚してもやっていけないと思いますよ。人のせいにするのはその時は楽ですが、後で大変になるのは自分です。自分の考え方をもう少し根本的に変えるように努力してみてはいかがでしょうか。生意気なこと言ってすみません。ご主人様のわがままとありましたが、あなたもかなりわがままだと思いますので、あなたももう少し成長したほうがいいと思いますよ。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加