『離婚後にお金がないです。どうしたら良いの?』熟年離婚をした夫婦は、生活費をどのようにやりくりしているのでしょうか?





私の友だちの両親が、熟年離婚をしようと考えているという話を聞きました。

熟年離婚をした夫婦は、生活費をどのようにやりくりしているのでしょうか?

彼女の父(55歳)は大企業のサラリーマンで、母(54歳)は専業主婦で、結婚前にしていたアルバイトなどで、少しだけ働いていた以外は就業経験がありません。

彼女の父の浮気が直接の理由で離婚を決意し、現在住んでいる家も彼女の母の実家の敷地に建てたものらしく、「父を家から追い出し、今までの貯金、これからのお給料や退職金もすべて折半して母ひとりで暮らしていきたい」と言っているそらしいのですが、そんなことが果たして可能なのでしょうか?

仮にそれが出来たとしても、夫婦ふたりが別々に暮らしたならば、一緒に住んでいたときとは比べものにならないほどの生活費がかかる訳ですよね?

彼女の母は、「離婚しよう」と5~6年前から考えていたようで、離婚するために再就職をしたり、貯蓄をしようという気配もなく、ジムや習い事に通い、主婦仲間とのランチをしたりと気ままに暮らしてきたらしいのです。

私から見ても、職業経験がほぼない50代半ばの女性を雇ってくれる職場なんてあるとも思えなくて、離婚後、彼女の両親が今の生活を保っていくことは不可能なのでは?と思ってしまいます。

浮気をされた彼女の母にも同情はします。でも、このままでは彼女が一生、母と同居して住居費を浮かせたりして生活費の援助をしていくことになるのでは?と他人事でもありながら心配しています。

世間の熟年離婚夫婦は、老後の人生設計をどのように考えているのでしょうか?

回答1

「父を家から追い出して、自分ひとりで過ごしたい」なんて、できるわけないでしょうね。

離婚後も給料を折半してくれるわけがないですし、退職金でさえ半分もらえるわけがないです。

たとえ退職金を分けてもらったとしても、今退職したとして、計算で出せばそのうちの何%かだと思いますよ。

そして、今ある貯金の折半というのも無理ですね。

専業主婦の場合は、30%ほどが取り分です。

年金の分割はありますが、それも結婚期間の話だけですので、それこそ10万もいかないと思います。

今後は、彼女のお母さんは国民年金や国民健康保険も自分で支払わなければいけません。

一方、彼女のお父さんは、今後の給料は自分ひとりのもので、悠々自適です。

大企業に努めて55歳であれば、年収1000万は越えていると予想します。

家政婦だって雇えるくらいです。

退職金についても、大半はお父さんのもの。今ある大半の貯金もお父さんのものですね。

年金も少なからず年金分割でお母さんにもっていかれたとしても、企業年金や国民年金も分割対象外となるでしょう。

あなたが心配しているとおり、彼女には親を養っていく義務がありますので、彼女がずっと母を養っていくことになると考えます。

回答2

貯金やこれからのお給料や退職金もぜんぶ折半してひとりで暮らしていきたいと言っていますが、それは夢です。離婚して折半してくれるはずがありません。

お母さんが「ああしたい」「こうしたい」と夢を語っているだけです。

それを実行に移すことはないと思います。

回答3

少子高齢社会なため、これから人手不足が起きてきますからパートならいくらでもありますよ。

年金については、離婚してからももらえます。

法律的には、「夫婦間の財産は共有」という認識なので、どう判断されるかはわかりませんが。

回答4

彼女のお母さん、おそらく結構へそくりなどを100万単位で持っていますね。

さらに離婚したい気持ちが強い場合は、経済的なことよりも先に、まず離婚をしたいといった感じだと思います。

質問2

離婚を4年前に経験した55歳の女性です。

それまでは専業主婦をやっていたので、収入はゼロでした。

現在一人暮らしをしています。

税金、年金、医療費控除について質問があります。

①税金について、私は今年4月にパート先の会社の業績が悪化したことでリストラをされ、この10月まで雇用保険を受けていました。1月から4月までの収入は20万程です。

住民税や所得税も、この4年間通知が来なかったので、私の収入が少ないからだとは思いますが、特に申告をしたことがありません。このままでも大丈夫なのでしょうか?

②年金について、現在は免除申請で処理をしています。

昨年、年金の受取額通知が来て、夫の扶養で入っていた時期だったため、国民年金を夫の給料から天引きされていた年数がかなり長かったです。

その時期の年数もかけたことになり、私自身の将来いただける年金額の計算に含まれていますが、本当にいただけるのでしょうか?

③国民保険について、私は毎月支払ってはいますが、収入が少なく年2万ちょっとです。

今年はいろいろ病にもかかり、医療費も10万ほどかかりましたが、医療費申告をしたとしても、何も戻ってこないのでしょうか?

離婚後、個人的に毎年申告などはとくに行っていません。

回答1

① その額ですと、給与から所得税を天引きされていませんよね?

1月1日から12月31日の給与収入の合計が、98万を超えたら住民税の申告をしてくださいね。

また、雇用保険からの給付は非課税ですので、カウントされません。

②元旦那の扶養に入っていた時期で、その旦那の給料から国民年金を天引きされていたということですが、給料から天引きされていたのは厚生年金保険料であって、あなたの国民年金がプラスされていたわけではありませんよ。

あなたの保険料分は、制度全体で支払われたことと同じ扱いになっています。

扶養に入っていた年数もかけたことになり、あなたの将来もらえる年金額の計算に含まれているということは、まったくその通りです。

③ 保険診療を受けたとして、自己負担額が1ヵ月に35,400円を超えた場合、高額療養費として超えた部分を申請し、払い戻しもらうことができます。

所得税や住民税も課税されていないため、医療費控除は申告できないでしょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加